調布ラグビークラブとは

代表挨拶

2019年ラグビーワールドカップの開催地であった調布市は野球やサッカーなどのスポーツが盛んな地域ではありますが、 ラグビーのチームは少なく、ラグビー文化のほとんど無い地域です。 私達はこの調布市内にラグビーの魅力を広めようと「調布ラグビークラブ」を立ち上げました。 ラグビーに興味を持った人が、ラグビーに触れる事が出来る環境を提供したい。 激しいコンタクトプレーが先行する印象と違い、試合中に想像力を求められるラグビーの魅力を伝えるだけでなく、ラグビーを通じて礼儀、人の心を思いやる健全な青少年の礎を作るのがクラブの目的です。 ラグビーの経験は問いません。子供だけでなく大人も一緒にラグビーを楽しみましょう。

調布ラグビークラブ 代表 瀧栁伸央

調布ラグビークラブの目的

・調布にラグビー文化をつくる
・ラグビーを通じた青少年健全育成
 

活動内容

・タグラグビー練習(毎週土曜日)
・ラグビー普及イベントの企画運営等
 

入会条件

小学生が対象です。
保護者も一緒に活動できるのが当クラブの特徴ですが、練習に参加するかどうかはご自由です。ラグビー経験も問いません。
未就学児は年長で9月~3月の受け入れ、保護者が一緒に参加できる事を原則とします。
 

入会金・会費

入会金:3,000円(Tシャツ・ソックス・ビブス2枚をお渡し、保険加入させていただきます。)
会費:親子一組1,000円/月
 

タグラグビー練習

毎週土曜日 9:00~11:30
8:30より自主練習
11:00~11:30はミニラグビー練習、タグのチーム練習など状況で内容を変えています。
体験者は8:40集合で、事前説明を行います。

タグラグビー練習場所

会場は現在2カ所を使用しています。
 
①カトリック調布教会(サレジオ教会)グラウンド 東京都調布市富士見町3丁目21−12
 ※雨天の場合はグラウンド奥の体育館で行います。
 
 
②電源開発武蔵野寮グラウンド 東京都調布市富士見町4丁目19―1
 ※雨天の場合は中止となります。朝7時頃に判断し、メンバーグループメールやフェイスブックで共有いたします。
※会場の都合により場所が変更になる場合があります。ご確認ください。
※どちらの会場も駐輪・駐車スペースはありますが、車のスペースが限られていますので、近隣の方は原則車でのご来場はお控えください。やむを得ず車での来場の際、停められない場合は近隣コインパーキングのご利用をお願いします。

調布ラグビークラブ沿革

・2015年4月 2019W杯の開催地が日本に決まったことで、調布市にキャンプ地を誘致しようと市内の有志で「2019ラグビーW杯調布にキャンプ地を誘致する会」を設立。
・2015年9月 W杯開会式・開幕戦が味の素スタジアムに決まり、調布が開催地となったことで「調布ラグビーサークル」に名称変更。
・2017年8月 サークルスタッフを中心に「調布市ラグビーフットボール協会」を設立した事をきっかけに、協会に所属した「調布ラグビークラブ」として名称変更。